ナチュラルなご自分を取り戻し、美しく年を重ねていただく為に

取れない疲れ、冷え、便秘、不眠、胃腸が弱り気味など・・・体が重だるく体調不良が続くことはないですか?

これらの症状は病気に向かいつつあるサインであるといわれ、東洋医学アーユルヴェーダでは薬用オイルマッサージが推奨されています。
その効果は肩こりや腰痛・腱鞘炎、膝関節の痛み、神経痛等、身体の痛みの改善にもみられます。

東京の専門サロン「パリナーマ」では、本場のアーユルヴェーダ医師直伝のマッサージで、
心と体を癒しながら老廃物を排出し、不調を改善しながら自然治癒力を高めて、内側からの美しさが引き出される軽やかなカラダ作りを目指します。

美しく健康に年を重ね、いつまでも生き生きとした毎日を過ごしていただく為に、
心を込めて、心地いい暮らしをお手伝いさせていただきます。


Parinamaのブログ

女性専用隠れ家サロン

由緒ある落ち着いた町、東京都渋谷区松濤にある一室一名様の予約制サロンです。
心を込めて丁寧な時間を心掛けていますので、1日に2名様のみとさせていただいております。
あたたかいオイルに包まれながら、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

本場の高品質なハーバルオイル

伝統の技術に基づき国営製薬会社で作られたハーバルオイルをスリランカから直輸入。
医療現場にも導入されている純粋で濃厚、高品質なオイルは、カラダに自然の恵み・滋養を与えてくれます。
カウンセリングを大切に、お客様の体質や症状に合わせてオイルをお選び致します。

アーユルヴェーダとは

「生命の科学・知識」と訳されるアーユルヴェーダは、古代インド・スリランカで約5000年前から、生活の中に深く浸透し、伝承されてきた世界最古といわれる医学です。 病気の治療だけではなく、病気の予防や健康の維持・増進、若返りなども目的とした健康で幸せに生きる方法、生きるための智恵を教えてくれる、非常に包括的な古代の方々のメッセージです。 また「本来の自分に合わない生活や生き方は、あらゆる病気や不調の原因である」とされ、一人一人の「自分らしさ」「個性」をとても大事に捉えています。
世界保健機関(WHO)に西洋医学の代替医療として認定され、ドイツを初め、ヨーロッパ・アメリカでは年々注目度が高まっています。
※当サロンの施術は治療準備の行為にあたり、医療行為に該当するものではありません。

アーユルヴェーダの教え

アーユルヴェーダによる生命とは、肉体・感覚器官・精神・魂が結合している状態であり、これらは互いに影響しあっているため、そのバランスが保たれた状態を健康であるとしています。 季節や年齢などの時間的要素による心身の変化の法則を説き、体質や現在の心と体の状態を知ることで、対処法を示してくれる生き方の智慧があります。 その智慧はディナチャリア(1日の健康法)やリトゥチャリア(季節の過ごし方)など多岐にわたります。これらを生活の中に取り入れることは身体の健康、若返り、心の成熟に繋がります。
その中でもオイルマッサージは、自分の体と心の状態に気づき、身体を強くする(自然治癒力・免疫力を高める)ための方法として行うべき大切なことの一つと紹介されています。

ドーシャとは

アーユルヴェーダには、全ての物質は空間・風・火・水・土の5つの要素でできている、という重要な理論があります。 この世界に存在するものには全て、この5つの要素が含まれており、その割合の差がその物質の機能と性質の違いを生み出しています。 勿論、人間の体も同じ法則で出来ており、人それぞれには異なる生体エネルギーが流れていると考えられます。 この構成要素を3つに分けており、空間と風の要素をヴァータ、火と水の要素をピッタ、水と土の要素をカパと呼びます。 ヴァータは、体の中の運動エネルギーとして運搬、伝達の作用、主に神経の働きなどをさします。 ピッタは体の中の変換エネルギーとして、代謝、消化の作用、主に消化器や循環器の働きなどをさします。 カパは体の中の結合エネルギーとして、構造、体力の維持、免疫力の作用、細胞を作る働きなどをさします。 この3つの働きをドーシャと呼び、このバランスがそのひとの性格・性質を現します。 またバランスが崩れることで起こる心身の不調の理由を紐解く大きなヒントとなるものです。




メルマガ購読・解除
アーユルヴェーダで心地いい暮らし
読者購読規約
>> バックナンバー